豊作なすびの副業・投資ブログ

稼ぎ方を学んで人生を豊かに。学んだ稼ぎ方を発信して豊かさを連鎖に。

MENU

生命保険は資産運用のためじゃない!もっと大事な生命保険の役割

f:id:hosakunasubi:20170930231242p:plain

生命保険に入る目的

 突然ですが、あなたは生命保険に入っていますか?

 入っている方は何の目的で生命保険に入っていますか?

 

 この質問を聞かれてさっと答えられる人は正直あまりいません。

 なぜなら、「生命保険って皆が入っているから入るものなんだろう」と考える人が多いからです。

 

 しかし、生命保険に入る目的は明確にする必要があります。

 なぜなら、生命保険に入る目的が曖昧だと、必要以上に保険料を支払ってしまう可能性があるためです。

 

 そこで保険の目的として挙げられるのが資産運用です。

 確かに長期的に保険料を支払って、ある一定期間払い続けたら、支払った総額以上のお金が返ってくる保険があります。

 最近では、資産運用がメインの保険もあるほどです。

 

 でも生命保険の本来の目的って資産運用でしたっけ?

 

 資産運用が目的であれば、生命保険よりも利回りの高い投資手段ならいくらでもあります。

 投資信託・株式・不動産などの方が生命保険よりも利回りが高いです。

 

 投資信託・株式・不動産などの利回りの高い投資手段がある中で、なぜ保険を選択するのか?

 

 この問いに対する答えを明確にしておかないと、途中から保険に入っている理由がわからなくなります。

 前述のとおり、生命保険に入る目的が曖昧だと、必要以上に保険料を支払ってしまう可能性があり、結果的に損をしていまいます

 

生命保険の本来の役割

 今まで述べたとおり、生命保険に入る目的を明確にすることは重要です。

 

 一方で、生命保険自体には、資産運用よりももっと大事な役割があります。

 それは、人生のリスクへの備えです。

 これを抜きにして生命保険の目的を明確にすることはできません。

 

 生命保険は、ある人が亡くなった時に、その人の生計で生きている人が最低限の生活を営んでいけるように必要なものです。

 

 人生のリスクへの備えの役割を担える生命保険に、オプションとして資産運用ができるのは良いやり方です。

 しかし、資産運用がメインで、オプションとして人生のリスクへの備えが付いてますよ、という生命保険は最悪です。

 そんな生命保険は加入しないでください。

 

 生命保険には、生命保険にしかできない役割があります。

 その役割(=人生のリスクへの備え)を踏まえた上で、生命保険に入る目的を明確にすることが重要です。