豊作なすびの稼ぎ方改革

月収30万円の20代サラリーマン向けに生きた貯蓄・投資のノウハウを発信中。サラリーマンの稼ぎ方改革を一緒に実現していきましょう

理想の生き方と現実の稼ぎ方をベン図のように重ね合わせていく

   f:id:hosakunasubi:20171116001504p:plain

 

理想の生き方

 みなさんは、自分の理想の生き方を考えたことはありますか?

 そもそも生き方って何だ?、と思われた方もいるのではないでしょうか?

【生き方】

 生活する態度・方法。人生に対する態度

 Weblio辞書

 つまりは、

f:id:hosakunasubi:20170827141428p:plain

 ということです。

 

 最近、私もよく自問自答しています。

 自問自答する中で、この2つは嘘偽りなく自分の理想の生き方だと気付きました。

 

 ・家族や親友を大切にして生きていきたい

 ・自分自身の発信力を武器にして生きていきたい

 

現実の稼ぎ方

 とはいえ、理想の生き方はあるものの、現実は厳しいものです。

 そもそも生きていくためにお金が必要になります。

 

 住居費、食費、衣服費などの生活費は、1人の大人として稼がなければいけません。

 国民の義務である税金や保険料の支払いも毎月あります。

 

 現実のことを考えると、

f:id:hosakunasubi:20170827144736p:plain

 という命題と向き合っていかなければいけません。

 

 現在、私はお金を稼ぐ手段として、サラリーマンとなって働いています。

 他にお金を稼ぐ手段として、株式投資、不動産投資、ブログ運営をしています。

 しかし、サラリーマンの給料が収入のほとんどを占めているのが実態です。

 

理想の生き方と現実の稼ぎ方の間にあるGAP

 現在、私の理想の生き方と現実の稼ぎ方にはGAPがあります。

f:id:hosakunasubi:20170827151946p:plain 

 「自分自身の発信力を武器にして生きていきたい」を理想の生き方としながら、

 実態はサラリーマンの給料が収入のほとんどを占めています。

 

 理想の生き方と現実の稼ぎ方にGAPがあると、人によって様々な反応を示します。

 「理想の生き方が高いから、現実の稼ぎ方に合わせよう」

 「理想の生き方なんてそもそも理想なんだから、現実を見よう」

 「現実の稼ぎ方でそこそこ満足だから、理想の生き方はできたらでいっか」

 大半の人は「GAPによる苦しみを和らげよう」という防衛本能に従い、言い訳を考え始めます。

 

 しかし、私は理想の生き方と現実の稼ぎ方のGAPを埋めていきたいのです。

 

ベン図のように重ね合わせていく

 理想の生き方と現実の稼ぎ方のGAPを埋めるには、「近づけて」「拡げる」ことが必要です。

近づけるフェーズ

 GAPを埋めるために、まずは理想の生き方と現実の稼ぎ方を近づけていきます。

f:id:hosakunasubi:20170827161611p:plain

 具体的には、

 ・ブログテーマである「稼ぎ方」について勉強する

 ・勉強したことを実際にやってみて記事ネタをつくる

 ・ブログに記事を投稿する

 ・TwitterやFacebookで発信する

 を続けることにより、発信力を武器として磨きつつ、お金を稼ぐ準備をしていきます。

 

拡げるフェーズ

 GAPがなくなったら、理想の生き方と現実の稼ぎ方の重なりを拡げていきます。

f:id:hosakunasubi:20170827162745p:plain

 具体的には、

 ・「稼ぎ方」について勉強したことを実践し、実際に稼ぐ

 ・ブログに記事を投稿し続け、収益化する

 ・他の発信方法を模索し、収益化につなげる

 ・収益の柱を数本立てる

 をすることにより、発信力を武器に、お金を稼げるようにしていきます。

 

重ね合わせることが何につながるのか?

 みんながみんな理想の生き方ができたら「幸せ」なんだと思います。

 しかし、現実は「生きるために稼ぐ」ことに精一杯です。

 当たり前のように、理想の生き方と現実の稼ぎ方にはGAPがあります。

 

 そこに向き合い、理想の生き方と現実の稼ぎ方のGAPを埋めていく。

 理想の生き方と現実の稼ぎ方をベン図のように重ね合わせていく。

 

 その先に「幸せ」があると信じています。

 ただし、「今が幸せじゃない」と言うつもりは毛頭ありません。

 

 一度きりの人生、感じられる「幸せ」は大きい方がいいんじゃないでしょうか?

 

 「理想の生き方と現実の稼ぎ方をベン図のように重ね合わせていく」ことが、より大きな幸せにつながると信じて、これからも頑張っていきます!