Tosaka Naoya の稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさをバネに猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲ける。ノウハウはブログで公開。稼ぎ方改革をバズワードにする野望あり。稼ぎ方/働き方/生き方/名言/食/教育/幸福論を発信。FP資格取得中。複業家を応援。

今この瞬間にも、お金の価値は下がり続けている

    f:id:hosakunasubi:20171117073244p:plain

 

 今この瞬間、1分1秒が経過するごとに、お金の価値は下がり続けています。

 同じ1万円でも、1秒後の1万円の方が価値が低いのです。

 

 「ウソだろ!?ぺてん師め!!通報してやる!!」と思われた方もいるでしょう。

 

 しかし、残念ながら事実として起きていることです。

 その証拠に、2つの事例を紹介します。

 

床屋さんのカット代の変化

 1950年代の床屋さんのカット代は、1回95円でした。

 一方、2017年の床屋さんのカット代は、1回1,000円です。

 60年近くの間に、床屋さんのカット代は10倍近くになりました。

 

 しかし、床屋さんのカットが提供している価値は今も昔も同じです。

 お客さんの髪を好みの形にカットして、整えてあげること。

 髪が整うことで、清々しい気持ちになったり、気持ちを新たに頑張ろうと思う人もいます。

 そういった価値を昔も今も提供してきました。

 

銭湯代の変化

 もう一つ事例を紹介しましょう。

 

 1950年代の銭湯代は、1回10円でした。

 一方、2017年の銭湯代は、1回500円です。

 60年近くの間に、銭湯代は50倍近くになりました。

 

 しかし、銭湯が提供している価値は今も昔も同じです。

 熱いお湯につかり、リラックスした一時を過ごすことで疲れを癒すこと。

 疲れを癒すことで、快適で贅沢な時間を満喫することができます。

 そういった価値を昔も今も提供してきました。

 

モノの値段が上がれば、お金の価値は下がる

 しかし、2つの事実により、同じ価値を提供してきたサービスでも、60年前から10倍〜50倍の値段に跳ね上がったのです。

 

 同じ価値を提供してきたサービスが、10倍~50倍の値段になったとすると、お金の価値が1/50倍~1/10倍になったことになります。

 

 そう、モノの値段が上がれば、お金の価値は下がるのです。

 

今この瞬間にも、お金の価値は下り続けている

 現在、政府は物価上昇率2%を目標に掲げています。

 目標に掲げているからには、今後物価は上昇していくと予想できます。

 そうなると、お金の価値は下がっていくことになります。

 

 物価が上昇を続けている、今この瞬間にも、お金の価値は下がり続けているのです。

 

 もし貯金をしている人がいたら、これだけは肝に銘じて欲しいです。

 今日の1万円は、来年には1万円ではなくなっているかもしれない、と。

 

 関連記事です。

 お金の価値が下がり続けている時代こそ、投資の重要性が増してきます。

 実際にどのくらいの利回りで投資をすればいいのかについては、こちらの記事を読んでください。 

www.hosakunasubi.com