FPとさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

お金の価値が下がる今、何%の利回りで投資をすればいいのか?

    f:id:hosakunasubi:20180529130332p:plain

インフレは、とくに危険な見えざる敵だ。インフレのことなど予想だにせず、お金を貯めて株や債券、投資信託に分散投資するのが賢いお金の運用法だと信じている人々から財産を奪っていく。適切なファイナンシャル教育を受けていない人にとって、インフレは致命傷となりうる。

ロバート・キヨサキ

インフレの脅威に警鐘を鳴らしているロバート・キヨサキさんの言葉です。インフレによりお金の価値が下がることを「財産を奪っていく」と表現しています。

さて、お金の価値が下がっていることはこちらの記事で解説しました。お読みでない方は、ご一読ください。

www.hosakunasubi.com

お金の価値が下がっている今、投資をしてお金を増やすことが重要になります。

では、実際に何%の利回りで投資をすれば、財産を奪われないのでしょうか?

 

お金の価値が下がるスピードは

考えるにあたり、まずお金の価値が下がるスピードを知る必要がありそうです。

日本では、総務省統計局が「消費者物価指数」という指標を公表しています。

消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの

統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI)より

物価の上昇スピードは「消費者物価指数」を見ればわかりそうですね。

ちなみに、2018年4月の調査では、総合的に前年同月比が0.6%ほど上昇していることがわかります。(統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI) 全国(最新の月次結果の概要)より)

 1年で0.6%物価が上昇しているということは、「1年前に10,000円だったものが、今年は10,060円になっている」ということになりますね。

 

お金を減らさないために必要な投資の利回りは

1年で0.6%物価が上昇しているため、最低でも0.6%の利回りで投資をしなければ、お金は減っていきます

 

例えば、

・タンス預金(年率0%):確実にお金が減る

・銀行の貯金(年率0.01%):確実にお金が減る

・国債、社債、地方債(年率0.1%~0.5%):確実にお金が減る

・不動産投資(年率5%前後):確実にお金が増える

・株式投資(年率3~5%):確実にお金が増える

という感じになります。

 

インフレにより物価が上昇するとお金の価値が下がるため、知らない間に財産を奪われてしまいます。

財産を奪われないためにも、0.6%以上の利回りで投資をしていきましょう

 

関連記事です。

投資をするためには原資となるお金が必要になります。この記事を書いていることを実践すれば、あっという間に原資となるお金を貯めることができます。

www.hosakunasubi.com

 

今この瞬間にも、お金の価値が下がり続けていることをもっと多くの人に知ってほしいですね。

www.hosakunasubi.com