豊作なすびの稼ぎ方改革

月収30万円の20代サラリーマン向けに生きた貯蓄・投資のノウハウを発信中。サラリーマンの稼ぎ方改革を一緒に実現していきましょう

株式投資成功者が言う"優良銘柄の見極め方"を3ヶ条に整理してみた

   f:id:hosakunasubi:20171117075547p:plain

 

株式投資を続けて分かったこと

 私は株式投資を1年以上続けています。

 初めの方は損をしてばかりで、どんな銘柄を買えば利益を出せるのかが全くわからなかったです。

 その悔しさをバネに、株式の勉強にはまり込んだことを今でも覚えています。

 

 そして、様々な本を読み、セミナーに参加し、株式投資を勉強してわかったこと、

 それは、誰もが同じことを言っている、ということです。

 かの有名な投資家ウォーレン・バフェット氏も同じことを言っています。

 

 株式投資で成功した先駆者たちが同じことを言っている、つまり、それが成功するために必要な知識なのです。

 

 それをまとめて公開した方が世の中のためになるんじゃないか、と思った私は、3ヶ条に整理してみました。

 

 ちなみに3ヶ条を意識すれば、私のように株式投資を始めてから1年で、元手100万円から30万円の利益を出すことができます。

 

優良銘柄の見極め方 3か条

 多くの株式投資成功者が言う"優良銘柄の見極め方"を3つにまとめてみました。

 「優良銘柄を見極めたい!」「株式投資で一儲けしたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

第1条:チャートが右肩上がり

 チャートが右肩上がりということは、株価が上昇トレンドにあるということです。

リンクアンドモチベーション(証券コード:2710)の場合

 例えば、リンクアンドモチベーション(証券コード:2710)の5年間の株価の動きを見てください。

 2016年あたりから右肩上がりになっていることがわかります。

f:id:hosakunasubi:20171009173614p:plain

 Yahoo!ファイナンス - 株価やニュース、企業情報などを配信する投資・マネーの総合サイトより引用

 

 2016年は、200円を下回っていましたが、2017年には800円代まで伸ばしています。

 

ABCマート(証券コード:2670)の場合

 ABCマート(証券コード:2670)の過去の株価推移もとても参考になります。

 2004年から右肩上がりで推移していますね。

f:id:hosakunasubi:20171009185513p:plain

 Yahoo!ファイナンス - 株価やニュース、企業情報などを配信する投資・マネーの総合サイト より引用

 

 2003年頃から、10代〜20代の若い女性の間でスニーカーがブームとなり、徐々に浸透し始めたそうです。

 2003年まで1000円以下だった株価が、2016年には7000円まで伸ばしています。

 

 このように、優良銘柄は"チャートが右肩上がり"なのです。

 

第2条:売上と利益が3年連続で上昇

 売上と利益が3年連続で上昇しているということは、業績が好調ということです。

 業績が好調ということは、株主への還元も増加する可能性が高くなります。

 また、業績と株価は中長期的に相関があるため、業績が好調であれば株価も上昇する傾向にあります。

 

 こちらは、リンクアンドモチベーション(証券コード:2710)の過去5年間の売上と利益です。

f:id:hosakunasubi:20170817135550p:plain

 なお、2015年の利益が減少した理由は、不適切会計による販管費の増加が影響したためです。

 決済・購買プロセス改善、コンプライアンス強化、内部監査の拡充を迅速に行い、幸い大きな影響を及ぼすまでには至らなかったため、2016年には回復しています。

 

 グラフで見ると、3年以上連続で増収増益であることが一目でわかります。

f:id:hosakunasubi:20170817135613p:plain

 IR情報 財務・業績情報 | Link and Motivation Inc. 株式会社リンクアンドモチベーションより参照

 

第3条:PERが20以下

 PERとは株価収益率のことです。

 詳細はここでは説明しません。PER(株価収益率)のやさしい説明を参照してください。

 

 PERが低ければ低いほど、株価が割安と言えます。

 何に対して割安なのかというと、会社の価値に対して株価が割安ということです。

 時間が経過すると、株価が会社の価値まで戻ることが予想されます。

 

 リンクアンドモチベーション(証券コード:2710)のPERは、現在35〜40倍です。

 株式市場のPER平均が15〜20倍であることを考えると、割高であると判断できます。

 私が購入した時は18倍くらいであり、そこそこ割安でした。

 

 ただし、第1条と第2条をクリアしている企業のPERは、20倍を超えていることがほとんどです。

 そのため、第1条と第2条をクリアしていたら、PERは大目に見るくらいのスタンスがベターです。

 

まとめ

 以上、株式投資成功者が言う"優良銘柄の見極め方"を3ヶ条に整理してみました。

 参考になりましたか?

 ここまで読んでくださった方は、とても勉強熱心ですね。

 

 かの有名な投資家ウォーレン・バフェット氏も、上記3ヶ条を守っていると著作に記しています。

 それほど普遍的な"優良銘柄の見極め方"ですので、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

 なお、上記の3ヶ条は「ファンダメンタル分析」の基本中の基本です。

 優良銘柄を見極める方法を詳しく知りたいという方は、こちらの本をオススメします。

 初心者向けに非常にわかりやすく書かれています。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

 

 

 また、「ファンダメンタル分析」を学んだ方は、「テクニカル分析」を勉強することをオススメします。

 2つの武器を身につけることで、株式投資で利益を得る確率を高めることができます。

www.hosakunasubi.com

 

  「テクニカル分析」の初心者向けには、こちらの本をオススメします。

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書