FPとさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

資本家と労働者の考え方の違いをわかりやすく解説してみた

    f:id:hosakunasubi:20171210182639p:plain

 

 資本家と労働者には、考え方に明確な違いがあります。

 

 

資本家と労働者の違いを知ったきっかけ

 私が資本家と労働者の違いを知ったきっかけは、『金持ち父さん貧乏父さん』という有名な1冊の本でした。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 『金持ち父さん貧乏父さん』の本では、投資家と労働者の違いを以下のような物語で解説していました。

 なお、ここでは概要のみとさせていただき、詳細は実際に本を読んでいただけると幸いです。

 

2人の水売り商人の話

 むかしむかし、人に水を売って生計を立てる水売りという職業がありました。

 同じ町の水売りだったAさんとBさんは、毎日毎日3kmも離れた川へ水を汲みに行き、村人に水を売っていました。

 

 ある日、Aさんは考えました。

 「もっと多くの水を汲むことができれば、さらに儲けることができる

 Aさんは、今までの2倍の時間を水汲みにあてるようになりました。

 毎日毎日、Aさんはお金を稼ぐためにあくせく働きました。

 

 一方、Bさんは考えました。

 「もっと多くの水を汲むことができれば、さらに儲けることができる

 「だが、自分でこれ以上水汲みに行くのは体力的にしんどい

 「他に良い方法はないのだろうか・・・

 

 ある日を境に、Bさんは水を汲んで売ることをやめて、村から姿を消してしまった。

 AさんはBさんがいない間、商売繁盛でした。

 

 1年後、Bさんが村へ帰ってきました。

 村人が、村から姿を消した理由を尋ねると、

 「3km離れた川から水道をつないでいたんだよ

 「水道が完成したから、今日から新鮮な水を大量にいつでも売ることができるよ

 

 大量の水を安く売ることができるようになったBさんは、商売大繁盛になりました、とさ。

 

2人の水売り商人の話からわかること

 Aさんは、労働者の考え方を如実に体現しています。

 つまり、もっとお金を稼ぐためには、もっと労働時間を長くするしかないというサラリーマン的考え方です。

 働いた対価がすぐに手に入らないと嫌だと無意識に考えています。

 

 一方、Bさんは、資本家の考え方を体現しています。

 つまり、もっとお金を稼ぐためには、仕組みを作る必要があるという考え方です。

 仕組みを作るためであれば、無給で働くことも嫌がりません。

 なぜなら、将来的に相応のリターンがあることがわかっているからです。

 

まとめ

 資本家と労働者の考え方の違いをおわかりいただけたでしょうか?

 もし「自分が労働者の考え方をしていたことに気付いた」という方は、今この瞬間から資本家の考え方を意識してみてください。

 それが、稼ぎ方改革につながっていきます。

 

 関連記事です。

 私が資本家の考え方を意識して、ブログという資産を築こうと思ったきっかけを書いています。

 よろしければお読みください。

www.hosakunasubi.com