FP投資家とさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

仮想通貨がキャズムを越えるために必要なものはなにか

    f:id:hosakunasubi:20180718224551p:plain

まずニッチ市場から攻めるというアプローチをとらないでキャズムを越えようとするのは、たきつけを使わないで火をつけるようなものだ。

ジェフリー・ムーア 『キャズム』より

キャズムを越えるためには、まずニッチ市場を攻略しなければいけない」ということですね。

 

キャズム越えはイノベーター理論のキーワード

 

キャズム越えを理解するのは、まずイノベーター理論を理解する必要があります。

よろしければ、こちらの記事をお読みください。

www.hosakunasubi.com

 

今回は、仮想通貨がキャズムを越えるために必要なものを考えるにあたり、通貨の価値の源泉を掘り下げてみたいと思います。

 

なぜ1万円札"諭吉"には価値があるのか

みなさんご存知、1万円札"諭吉"。

ただの紙切れに過ぎませんが、「あげる」と言われたら喜んでもらいますよね。

なぜ1万円札"諭吉"には価値があるのでしょうか?

 

正解は、政府がただの紙切れを"円"を日本の通貨として定めたからです。

世界中の人々が日本という国を信用しているから、その国の通貨である"円"にも価値があると思い込んでいるのです。

 

では仮想通貨の価値はどこから生まれるのか

仮想通貨は、実体のないデジタルな数字にしか過ぎません

パソコンのWalletと呼ばれる財布の中に、「◯.◯◯BTC」と書いてあるだけです。

しかし、ビットコインの価格は上がったり下がったりしています。

 

なぜ価格が上がったり下がったりしているのでしょうか?

はたまた仮想通貨の価値はどこから生まれてくるのでしょうか?

 

通貨の価値は「信用」から生まれる

日本の通貨"円"の話をしたときに、「世界中の人々が日本という国を信用しているから、その国の通貨である"円"にも価値があると思い込んでいる」と言いました。

「日本という国を信用している」とは、「『日本という国がなくなることはまずない』と考えている」ということです。

 

仮想通貨も日本の通貨"円"と同じで、"信用"がキーワードになります。

仮想通貨を支えているのは"ブロックチェーン"という台帳技術です。

ブロックチェーンの特徴を一言で表すと、「みんなが使える、改ざんのできない台帳」と言うことができます。

仮想通貨の信用の源泉は、"ブロックチェーン"というテクノロジーなのです。

 

ブロックチェーンが広まると過疎通貨はキャズムを越える可能性がある

 

ということは、ブロックチェーンという台帳技術がインターネットのように世の中に広まることによって、仮想通貨の"信用"も上がると考えることができます。

仮想通貨がキャズムを越えるのは、そのときかもしれませんね。

 

関連記事です。

私が保有している将来有望なおすすめ仮想通貨を10個紹介しています。

気になる方は、余剰資金として1万円くらい保有することをおすすめします。

www.hosakunasubi.com

 

将来有望な仮想通貨を見極めるには、3つのポイントがあります。

www.hosakunasubi.com

 

仮想通貨は価格の乱高下が激しく、短期的に大きく下落する局面があります。

そのような時でも、心を乱さずに「長期的に保有する」ことが大切です。

www.hosakunasubi.com