Tosaka Naoya の稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさをバネに猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲ける。ノウハウはブログで公開。稼ぎ方改革をバズワードにする野望あり。稼ぎ方/働き方/生き方/名言/食/教育/幸福論を発信。FP資格取得中。複業家を応援。

20代のうちに知っておきたい!老後の生活に必要な資金はいくら?

    f:id:hosakunasubi:20180110215120p:plain

 

 あなたは、老後の生活が不安ですか?

 

 公益財団法人 生命保険文化センターの「生活保障に関する調査 平成28年度」によると、自分の老後の生活に「不安を感じる」と答えた割合は、なんと85.7%と9割近いのです。

 理由のトップは、「公的年金だけでは不十分」が80.9%と最も高くなっています。

 

 このことから、老後の生活に不安な人は、主に金銭面の不安を抱えていることがわかります。

 

 では、老後の生活に必要なお金はいくらなのでしょうか?

 

ゆとりのある老後の生活を送るには

 ゆとりのある老後の生活を送るには、月に30万円は必要と言われています。

 公益財団法人 生命保険文化センター「生活保障に関する調査 平成28年度」によると、ゆとりある老後生活費は平均34.9万円です。

 

 仮に月に30万円が必要だとし、65歳に退職して90歳まで生きるとすると、1億2600万円かかります。

 

老後の生活資金は3つ

 老後の生活資金には、公的年金退職金貯蓄・資産の3つがあります。

 この3つで1億2600万円を補う必要があります。

公的年金

 「20代のサラリーマンが40年後にもらえる年金をレポート」によると、20代のサラリーマンが40年後にもらえる年金は、月12万円〜15万円だと想定されます。

 

 仮に月12万円だとし、65歳に退職して90歳まで生きるとすると、5040万円もらえます。

 

退職金

 日本経済団体連合会の「2016年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」によると、学校卒業後に入社し60歳で定年退職した場合の退職金は、大学卒で2374万円高校卒で2047万円です。

 

 だいたい2000万円はもらえると思っておけば間違いないでしょう。

 

貯蓄・資産

 ゆとりのある老後の生活を送るために必要な1億2600万円から、公的年金の5040万円と退職金の2000万円を引くと、5540万円になります。

 

 だいたい5000万円〜6000万円持っていれば、間違いないでしょう。

 

老後の生活には5000万円〜6000万円の貯蓄・資産が必要

 上の試算によると、ゆとりのある老後の生活には5000万円〜6000万円の貯蓄・資産が必要になります。

 まずは、この現実を受け止めた上で、「じゃあどうしたら5000万円〜6000万円の貯蓄・資産を準備できるか」を考えましょう。

 

 関連記事です。

 20代のうちに、人生にかかる費用を知っておくことは大切です。

 こちらの記事に"人生の6大費用"をまとめたので、よろしければお読みください。

www.hosakunasubi.com

 

 ある調査によると、金融リテラシーが高い人ほど、老後に向けた資産形成を着実にしていることがわかっています。

www.hosakunasubi.com

 

 介護にかかる費用と介護保険について、知っておくことも重要です。

www.hosakunasubi.com