FP投資家リーマンとさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損⏩お金を無駄にした悔しさで夜も眠れず猛勉強⏩結果半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験👉お金の稼ぎ方/楽しい働き方/理想の生き方をブログで発信👉FP2級/東大卒/26歳既婚👉5,300万円の資産を運用中

投資漫画「インベスターZ」名言紹介 『本気になるとはリスクを取ること』

    f:id:hosakunasubi:20181223172900p:plain

100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、

90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

松岡修造

本気になった人は、100回叩くと壊れる壁が目の前にあったら、黙々と壊れるまで叩き続けます。

「もしも壁が壊れなかったら自分が傷ついてしまう・・・」といったリスクは承知の上で叩き続けます。

それが「本気」というものです。

 

心を奮い立たせてくれる名言

「本気になる」とは、自分が傷つこうが、他人から揶揄されようが、構わずゴールに向かって進むことを言います。

本気になった人は、リスクがそこにあることを承知の上で、それでもなお進むためにリスクを取ります。

 

あなたは本気になっていることがありますか?

リスクを取らない人生を歩んでいる人は、人生に対して本気になっていません。

何かに本気になっている人は、相応に失うものがあることを受け入れているものです

投資に本気な人は、お金を失うリスクを取っています。

スポーツに本気な人は、食べたいものを食べたいときに食べないリスクを取っています。

あなたは本気になっていること(=リスクを取っていること)がありますか?

 

リスクを取るとはどういうことか?

リスクを取るとは、自分が損するリスクがあることを承知で突き進むことです。

例えば、投資をしなかったら、お金を減らすことはないかもしれませんが、増やすこともできません。

しかし、投資を始めたら、お金を増やせるかもしれませんが、逆に減らす可能性もあります。

投資で言う「リスクを取る」とは、お金が減るかもしれないことを承知で投資をすることです。

 

リスクを取るために必要な心構え

リスクを取るためには、リスクを受け入れる覚悟を持たなければいけません。

例えば、投資で言うと、お金を減らすリスクを受け入れなければいけません。

自分が取るべきリスクを受け入れる心構えが必要になります。

人生で成し遂げたいことが明確になっており、自分が取るべきリスクを承知の上でゴールに向かって突き進んでいる人が、「人生に対して本気」ということになります

 

 

関連記事です。

他の名言も記事にしているので、ぜひ読んでみてください。

www.hosakunasubi.com

 

www.hosakunasubi.com 

www.hosakunasubi.com