FP投資家リーマンとさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損⏩お金を無駄にした悔しさで夜も眠れず猛勉強⏩結果半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験👉お金の稼ぎ方/楽しい働き方/理想の生き方をブログで発信👉FP2級/東大卒/26歳既婚👉5,300万円の資産を運用中

投資漫画「インベスターZ」名言紹介 『就活とは人生の投資』

    f:id:hosakunasubi:20181229221612p:plain

自己投資にお金が使えない人は、自分が成長することを本気で信用していない人です。

それはつまり、自分の将来を信じていない人です。

午堂登紀雄 株式会社エデュセジョン 代表取締役 

就職活動は、将来の自分がどこで働いて成長するのかを決める大事なものです。

就活にかける時間とお金は、将来の自分、つまり人生への投資と言えますね。

 

新しい視点をもたらす名言

なんとなく大学生活を過ごし、周りがやっているから就職活動を始めて、特にやりたいこともなく働く会社を決めるのは、とてももったいないです。

生涯でもらえる平均的な賃金3億円だけでなく、自己の成長や身につく知識・スキルを考えて、就職活動にかけた時間とお金を上回るリターンを得られるように行動する視点が就活では大事だと思います。

 

労働の対価としてお金を得る

自分の貴重な人生の時間を捧げて、対価を得ることが労働です。

労働のスタートラインが就活なので、就活とは自分の貴重な人生の時間を捧げる企業を選ぶ、重要な投資活動と言えます。

一生ではないですが自分の貴重な人生の時間を捧げるのですから、それに見合ったリターンを求めるのは当たり前ですよね。

 

人生で稼げるお金は3億円

大卒サラリーマンの平均生涯収入は、2億8千万円と言われており、だいたい3億円です。

就活は、自分がその企業に雇用されて、3億円稼げるかを見極めるための投資活動と言えます。

投資活動である以上、損切りは当たり前です。

将来、3億円も稼げる見込みがない企業は、さっさと見切り、見込みのある企業に転職しましょう

 

就職先を塩漬けにしない 

一番最悪なのが、塩漬けです。

将来、3億円も稼げる見込みがないのに、「いつかいい方向に変わるだろう」という希望的観測を持ち続けて、見込みのない企業に居続けることです。

「給料が悪い」以外にも、「ハラスメントが横行している」「体調を崩すほどの激務」など、メンタル疾患になる可能性がある場合も、3億円を稼げる見込みがありません。

その企業に居続ける(=塩漬けにする)ことは、投資活動として最悪です。

今すぐにその企業を見切り、見込みのある企業へ転職しましょう。

 

関連記事です。 

他の名言も記事にしているので、ぜひ読んでみてください。

www.hosakunasubi.com

 

www.hosakunasubi.com

www.hosakunasubi.com