FP投資家とさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

お金の稼ぎ方から「教育」を考えるべきだと思う

    f:id:hosakunasubi:20180417224112p:plain

学校教育の問題点

 細かな問題点は数多くあるものの、最も問題として感じるのは、「学校以外に教育の選択肢がないこと」です。

 学校教育では、英語数学国語理科社会の5教科の範囲のみで競争をさせます。

 その競争を勝ち抜いた生徒はいい大学に入り、いい会社に就職してサラリーマンとして生きていきます。 

 しかし、10年後か20年後にAI搭載のロボットができたら、そんなサラリーマンはどんどん代替されていきます

 そんな人たちを量産する学校教育は非常にまずいのですが、いまさら学校教育を変えることは難しいでしょう。

 

次世代の教育

 であれば、次世代の教育として、「学校以外の教育の選択肢を増やすこと」が挙げられます。

 学校と家庭の往復ではなく、それ以外の 3rd place から学びを得られるようにする方法です

 

 実際に、そのような活動を進めようとしている方もいます。

 TEDでプレゼンされた永井さんは、一般の大人が第三者といて子供に学びをもたらす「コミュニティ・エデュケーション」を提唱しています。

logmi.jp

 

 このように、次世代の教育では、子供一人一人の個性を尊重し、好きなことを好きなだけ突き詰められる環境を整備することが重要になります。

 学校の勉強が好きな子供はそのまま学校教育を受ければいいし、好きじゃない子供は没頭できることに熱中できるようにする。

 そうすれば、AI搭載のロボットにも代替できない、ユニークな大人としてお金を稼げるようになります。

 これが次世代の教育のあるべき姿ではないかと思います。

 

まとめ

 将来、AI搭載のロボットにも代替できない、ユニークな大人としてお金を稼げることが大事になります。

 お金の稼ぎ方から「教育」を改めて考えるのも必要なんじゃないかと思いました。

 

 関連記事です。

 お金の稼ぎ方について知りたい方は、稼ぎ方改革に関するこれらの記事をお読みください。

www.hosakunasubi.com

 

www.hosakunasubi.com

 

www.hosakunasubi.com

 

www.hosakunasubi.com

 

www.hosakunasubi.com