FP投資家とさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

『金持ち父さん貧乏父さん』のレビュー:「お金の稼ぎ方のバイブルだ」

はまちゃんバナー

    f:id:hosakunasubi:20180624100502p:plain

私は金持ちの家に生まれたわけじゃない。

学校の成績もよくなかった。きちんと卒業した訳じゃない。

また、特に才能に恵まれた訳じゃない。

それなのに今の私がたいていの人よりずっと金持ちでいる理由は簡単だ。

立ち止まらなかったからだ。

私は学ぶことも、そして人生における可能性についての現実を広げることも、決してやめなかった。

ロバート・キヨサキ 『金持ち父さん貧乏父さん』より

「立ち止まらずに学びながら走り続ける」「自分の可能性を広げることをあきらめない」ことが大切だと気づかされますね。

 

お金の稼ぎ方に関する3つの考え方

『金持ち父さん貧乏父さん』はまさに「お金の稼ぎ方のバイブル」です。

読むことでお金持ちになるためのエッセンスを学ぶことができます。将来は会社で働かなくても生活できるかもしれませんね。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

その中でも特に注目したい3つの考え方をご紹介します。

 

他責から自責へ

何か本当にやりたいと思っていたら、そして「自分にはそれができる」と思っていたら、君はきっとそれをやりとげる。

君は物の見方を変えなくちゃだめだよ。

(中略)

たいていの人が自分以外の人間を変えたいと思う。

でもよく覚えておくんだ。

他の誰かを変えることよりも、自分自身を変えることの方がずっと簡単なんだ。

他人を自分の力で変えるのは不可能ですよね。超能力者でないと無理な話です。

しかし、自分自身を変えることは可能ですよね。考え方と努力しだいです。

何かをやりたいと思ったら、「他人や環境が◯◯だから悪いんだ」と考えるのではなく、「自分が◯◯をすればいいんだ」と考えることが大切です。

 

資産と負債の違い

資産は私のポケットにお金を入れてくれる。

負債は私のポケットからお金をとっていく。

金持ちは資産を手にいれる。

中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む。

例えば、新築マイホーム。

会計上は資産にふくまれますが、実際には住宅ローンや固定資産税などのお金をとっていく負債です。

新車も負債にあてはまります。

投資用不動産は家賃収入があるため、お金を入れてくれる資産にあてはまります。

この違いをしっかりと理解しましょう。

 

キャッシュフロー・クワドラント

中流以下の人間はお金のために働く。

金持ちは自分のためにお金を働かせる。

f:id:hosakunasubi:20180624112711p:plain

お金のために働く人は、「E:従業員」、「S:自営業」です。

一方で、自分のためにお金を働かせる人は、「B:ビジネスオーナー」、「I:投資家」です。

左側にいる人は右側にうつることで、お金を今までよりも増やすことができるようになります。

 

まとめ:『金持ち父さん貧乏父さん』は「お金の稼ぎ方のバイブルだ」

『金持ち父さん貧乏父さん』は、お金の稼ぎ方に関するエッセンスがつまっている最高の本です。

まだ読まれていない方は、ぜひ手にとって読んでみてください。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

3つ目の「キャッシュフロー・クワドラント」に関する知識を増やすこともおすすめいたします。

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

 

 

関連記事です。

わたしが投資をはじめたきっかけは『金持ち父さん貧乏父さん』でした。ブログを書くきっかけにもなったできごとです。

詳細はこちらに書いているので、よろしければお読みください。

www.hosakunasubi.com

 

『金持ち父さん貧乏父さん』を読んでから最初に意識したことは、「投資の元手になるお金を貯めること」です。

"6:2:2の黄金比率"を守れば、誰でもお金を貯めることができます。

www.hosakunasubi.com