FP投資家とさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

インデックス投資の自動積立と預貯金のリスクの違いはきちんと理解する必要がある

    f:id:hosakunasubi:20180727002209p:plain

個人投資家にできないことは「プロのゲームでプロに勝つこと」。

自分のゲームで自分にコントロールできることで勝てば良いのだ。

ベンジャミン・グレアム

個別銘柄のグロース株を探し当てるのがプロの投資家のゲームだとすると、個人投資家のゲームは高利回りのインデックス投資をひたすら自動で積み立てることかもしれませんね。

 

インデックス投資の自動積立と預貯金は違う

水瀬ケンイチさんのツイートが反響を呼んでいましたので、引用させていただきます。

私も「インデックスファンドの積み立てが預貯金の積み立てと同じ感覚」という意見には違和感がありました。

その違和感の正体は、「リスクの違い」を忘れている、あるいは、無視しているということでした。

 

インデックス投資の自動積立のリスク

インデックス投資の自動積立は投資する対象が株式や債券なので、元本を割るリスクがかならずあります

水瀬ケンイチさんも暴落相場の危険性に言及していますが、世界的に相場が下がっている状況だと、インデックス投資の自動積立でもかならず損をします。

ただし、10年、20年という長い目で見れば、インデックス投資の自動積立は高い確率でお金を増やします。

暴落相場を何の気なしに通り過ぎてしまえば、気にすることはありません。

 

預貯金のリスク

一方、預貯金は元本を割るリスクはないのですが、お金を大きく増やせないリスクがあります。

インデックス投資の自動積立であれば年率3%〜6%で運用できるのに対して、預貯金ですと年率0.1%でしか運用ができません。

しかも、日本の物価は毎年0.7%ずつ上がっていることがわかっています。つまり、お金の価値は毎年0.7%ずつ下がっていることになります。

www.hosakunasubi.com

 

私はインデックス投資の自動積立派

暴落相場で「期待を裏切られた!」と言って株式市場から退場する人は、最初から自分ではなく他人を信じて株式投資をしていたのでしょう。

そういう人は退場して正解です。自分を信じられるようになってから株式投資を始めてください

私は自分を信じてインデックス投資の自動積立を行っています。10年、20年、それ以上保有すればかならずお金を増やせると確信しています。

 

関連記事です。

お金を増やしたい人は、まず金融リテラシーを身につけることをおすすめします。

自分の金融リテラシーがどのくらいか知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

www.hosakunasubi.com

 

貯金したい方は、"6:2:2の黄金比率"を守ればかならず貯金に成功できるでしょう。

お金が増えないリスクはありますが、投資の元手を貯めたい人にとって貯金は有効な手段になります。

www.hosakunasubi.com