FP投資家とさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

若者が結婚式にお金をかけなくなっているたった1つの理由

    f:id:hosakunasubi:20180826120005p:plain

結婚は悲しみを半分に、喜びを2倍に、そして生活費を4倍にする。

イギリスのことわざ

結婚生活は、感情的な豊かさをもたらしてくれますが、経済的な負担を4倍にもすることを表したイギリスのことわざです。

結婚生活だけでなく、結婚式自体の費用もそれなりにかかるため、今は若者が結婚式にお金をかけなくなっています。

 

事実婚を選ぶ若いカップルが増えている

婚約から新婚旅行までを含めると、結婚費用に500万円ほどかかることがわかっています。(20代のうちに知っておきたい"人生の6大費用"より)

もちろん平均値なので、もっと高い人もいればもっと安い人もいます。

私の予測ですが、もっと安い人の方が数は多いでしょう。

 

若者が結婚式にお金をかけないたった1つの理由

若者が結婚式にお金をかけない理由は、ずばり単純に"お金がないから"です。

20代のサラリーマンの方は痛感しているかと思いますが、社会人として働き始めてから1年間はお金がほぼ貯まりません。

なぜなら、会社の給料はバブルが崩壊してからほとんど変わっていないからです。

稼いだ安い給料がスーツ代や飲み会代に消えていくので、笑えてくるほどお金は貯まりません。

そんな20代のサラリーマン生活が3〜5年続いた結果、結婚する年代になってもお金が貯まらない人が多いのです。

 

昔は日本経済が成長していくにつれて、会社の給料もどんどん上がっていたので、結婚式や車、マイホームにお金を使っても家計はまわっていました。

しかし、日本経済が低成長となり、将来は人口減少により衰退してしまうことを考えると、同じようにお金を使っていては家計はまわらなくなってしまいます

今の若者はそのことに薄々気づいているのかもしれません。

 

関連記事です。

私が婚約から新婚旅行にかかったリアルな結婚費用を公開しています。

参考にしたい方は、こちらの記事をお読みください。

www.hosakunasubi.com

 

資産運用できることが結婚相手の条件として重視されるようになってきました。

世の中の男性は、"学歴"ではなく"額歴"を身につけることをおすすめします。

www.hosakunasubi.com