FP投資家とさかの稼ぎ方改革

軽いノリで始めた株で10万円の損 。お金をドブに捨てた悔しさで夜も眠れず猛勉強。結果、半年で100万円を元手に30万円を儲けたのが原体験。月1万PVのブログでノウハウを公開。お金の稼ぎ方/理想の生き方/楽しい働き方をメインに発信。FP3級。複業家を応援。ヌイさん(@nui_nounai)のスポンサー。東大卒26歳既婚。

日本駐車場開発の株主総会(2018年11月17日)の感想

    f:id:hosakunasubi:20181123100819p:plain

ハッピートライアングル

オーナー、ユーザー、社会。

私たちはこの3つが正三角形を描き、関わるすべての人がハッピーになるビジネスを目指しています。

東証一部上場企業

日本駐車場開発株式会社 企業理念

江戸時代の近江商人は「三方よし」と言っていました。

もともとの「三方よし」は「売り手よし、買い手よし、世間よし」のことを指します。

それに近い発想で、より現代に近づけた表現に磨き上げた印象を受けましたね。

 

以下、私が株主総会で感じた日本駐車場開発の"3つの兆し"を書いています。

 

東南アジアへの駐車場事業拡大

人口減少と若者の車離れ(カーシェアリングの普及)に伴い、日本の駐車場市場はシュリンクしていくことが予想されます。

今以上に駐車場ビジネスを拡大するためには、海外へ進出する以外に方法はありません。

そして、日本駐車場開発は、積極的に東南アジアへのビジネス展開を進めています

頼もしいかぎりです。

 

スキー場に縛られない地方創生

スキー事業では、スキー場に縛られることなく、事業展開をしています。

例えば、スキーにきた観光客が宿泊施設も楽しめるようにするために、街全体をリゾート化する取り組みをしています。

すると、スキー場だけでなく、宿泊施設を目当てにくる観光客も現れるようになり、スキー場運営との相乗効果が期待できます。

さらに、地方に人が集まるようになれば、地方創生につながります

 

おもしろアクティビティの設置

スキー事業だけでなく、テーマパーク事業も地方創生につながる展開をしていて、おもしろいです。

例えば、ノボランマというネーミングのおもしろアクティビティを新設しています。

この施設では、"デジタルボルダリング"という新しいスポーツを体験できるそうです。

 

日本駐車場開発は今後が期待の優良企業

現在、日本駐車場開発は、売上高200億円以上(※2018年11月現在)の東証一部上場企業でありながら、売上と利益が毎年上がっている優良企業です。

個人的な見立てではありますが、これから株価が上がってくる企業の1つだと分析しています。

※かならず株価が上がることはありませんので、売買は個人の責任にて行ってください

 

関連記事です。

私がまとめた"優良銘柄の見極め方"に日本駐車場開発は当てはまっていたので、株価が上昇する確率は高いでしょう。

なお、投資は自己責任でお願いします。

www.hosakunasubi.com

 

貸借対照表から"優良企業かどうか"を見極めることができます。

こちらの記事を参考にしてみてください。

www.hosakunasubi.com