FP投資家リーマンとさかの稼ぎ方改革

AFP×投資家×会社員×ブロガー×AIエンジニア | 副業・資産運用初心者の味方 | 2015年から資産運用開始→2020年1月不動産含む5,700万円の総資産を運用中 | #世直しFPの会 を運営 | 日本株投資&米国・全世界・新興国株式インデックス投資信託積立中 | 東大出身 | @FPtosaka_bot

【1分で読めるお金講座】vol.22 人生100年時代における資産寿命を延ばす方法

    f:id:hosakunasubi:20191224133738p:plain

 

ファイナンシャル・カウンセリング・ルームを運営しているFPとさかです。

 

いわゆる人生の3大費用と呼ばれる「子供の教育費」「住宅ローンの返済」「老後の生活費」に不安を感じている方向けに、"1分で読めるお金講座"というお役立ちマネー情報を提供いたします

 

本日は、「人生100年時代における資産寿命を延ばす方法」というテーマです。

 

資産寿命を延ばす方法には2つあります。

 

1つ目は、資産額を増やす方法です。

 

預貯金だけではなく、投資信託や株式などで運用し、運用益を得ることが重要です。

 

2019年12月時点では、積立投資が効果的であり、毎月一定金額の投資信託を積み立てることをおすすめします。

 

さらに、高齢になったら運用を辞めるのではなく、リスクをコントロールしながら運用を続け、そこから取り崩すことで、資産の減少カーブを緩やかにできます

 

2つ目は、取り崩す期間を短くする方法です。

 

最も効果的な方法は、長く働くことであり、65歳を超えて、70歳、75歳まで働けば、取り崩しのタイミングを遅らせることができます。

 

また、年金の受給タイミングを遅らせることもできるので、より多くの年金を得ることができます。

 

資産寿命を延ばすことの重要性が高まっている人生100年時代において、これら2つの方法を念頭に置くことをおすすめします。

 

まとめ

 

資産寿命を延ばす方法には2つある。

1つ目は、資産額を増やす方法で、資信託や株式などで運用し、運用益を得る。

また、高齢になったら運用を辞めるのではなく、リスクをコントロールしながら運用を続け、そこから取り崩すことで、資産の減少カーブを緩やかにする。

2つ目は、取り崩す期間を短くする方法で、最も効果的な方法は、長く働くこと。

65歳を超えて、70歳、75歳まで働けば、取り崩しのタイミングを遅らせることができる。

また、年金の受給タイミングを遅らせることもでき、一石二鳥。

 

関連記事です。

50代におすすめする資産運用法をご紹介しています。

40代で支出のピークが過ぎた後、嫌でも老後資金を確保しなくてはいけない年齢です。

www.hosakunasubi.com

 

60代におすすめする資産運用法をご紹介しています。

資産の取り崩しも必要になってくる年齢であり、本記事と関連している部分もあります。

www.hosakunasubi.com